タグ: イチモンジチョウ亜科

胡蝶の杜 > Blog >

アオイチモンジ

アオイチモンジ

学名:Limenitis reducta

今回はメタリックブルーの提督、アオイチモンジについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

アオイチモンジはタテハチョウに属しており、その中のイチモンジチョウ亜科に分けられていてます。

イチモンジチョウ亜科のオオイチモンジ属に分けられています。

イチモンジチョウ亜科はアメリカアオイチモンジトラフタテハなど多数存在します。

生態

通常は1年で1回発生する一化性ですが、暖かい地域では数回発生する多化性です。

生息域

中央ヨーロッパ南ヨーロッパ(バルカン半島、アルプス山脈も含む)、西アジア(コーカサス山脈も含む)などに分布しています。

明るい森林、森の端、草原に生息しています。

主に中央ヨーロッパ、南ヨーロッパ、西アジアに生息しているチョウなんだね
イモチャン
標高約0~1600mに生息しています
シロヒトリ

成虫

アオイチモンジは日中に活動し、多種多様な花を吸蜜します。また、樹液や腐った果物、獣糞、アブラムシの出す甘い汁などを吸います。 

オスは湿った砂や水辺を訪れ、生殖のために必須なミネラルを補うために吸水します。

敏捷で飛翔力が高く、飛行中に翅の光の反射があります。そのため、飛んでいる姿は突然閃光が走ったように見えます。

翅を開張すると4 – 6cm前後になる、中型のチョウです。

日差しを好む蝶です
シロヒトリ

幼虫

成熟した幼虫の体色は黄緑色で、節ごとに太い枝分かれした茶色の棘があります。

太い枝分かれした茶色の棘の先端は黒色をしています。この棘は頭部と尾部付近の方が太く大きい傾向があります。

顔と側面に細かい白の毛が生えています。疣足と頭部は茶色です。

食草はスイカズラ科の葉を食べます。

不思議な印象を受ける幼虫だよ!
イモチャン

成虫の見た目

アオイチモンジ
翅の裏側

アオイチモンジは翅のメタリックブルーの金属光沢と裏側の模様が特徴的です。

翅の表側はメタリックブルーの金属光沢があります。前翅には白い斑点があります。後翅には白の帯模様があります。翅の縁には黒い小さな丸い点が並んでいます。

アオイチモンジの翅の裏側は表側と大きく異なります

翅の裏側は赤みがかった褐色です。前翅はこの赤みがかった褐色にこげ茶色が混ざり、白の斑点があります。後翅は内側が白く、また白い帯模様があります。両翅ともに縁には黒い小さな丸い点が並んでいます。

オスメスともに見た目に大きな違いはありません。

メタリックブルーの金属光沢がかっこいいね!
イモチャン
英名では「southern white admiral」(南白提督)と呼ばれています
シロヒトリ

オオイチモンジ属の英名と属名

オオイチモンジ属のチョウは英名に「admiral」(提督)と名前が付いています。リストにすると次のようになります。

  • オオイチモンジ(学名:Limenitis populi)ポプラ提督
  • アオイチモンジ(学名:Limenitis reducta南白提督
  • アメリカオオイチモンジ(学名:Linenitis weidermeyeriiワイデマイヤー提督
  • アメリカアオイチモンジ(学名:Limenitis arthemis白い提督
  • ツマアカイチモンジ(学名:Limenitis lorquiniローキンの提督
  • カバイロイチモンジ(学名:Limenitis archippus総督

属名の「Limenitis」とはラテン語では「港湾の」、古代ギリシャ語では「港」「避難所」を表す言葉です。

提督は艦隊の総司令官の呼び名です。いずれにしても海に関係のある名前が付けられています。何故海に関係のある名前が付けられているのかはです。

提督って名前はかっこいいけど、なんで海に関連する名前が付いているんだろうね
イモチャン
調べてみても全く分かりませんでした
シロヒトリ

まとめ

イチモンジチョウ亜科ではオオイチモンジ属(提督蝶)のほかに、アメリカイチモンジ属(姉妹蝶)、チャイロイチモンジ属(司令官蝶)など個性的な名前が付けられています。

翅のメタリックブルーと裏側の錆びたような模様が美しいです
シロヒトリ
次回はタイリクコムラサキについて紹介するよ!
イモチャン

アメリカアオイチモンジ

アメリカアオイチモンジ

学名:Limenitis arthemis

今回は月の女神の名を持つ蝶、アメリカアオイチモンジについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

アメリカアオイチモンジはタテハチョウに属しており、その中のイチモンジチョウ亜科に分けられていてます。

イチモンジチョウ亜科のオオイチモンジ属に分けられています。

イチモンジチョウ亜科はアオイチモンジトラフタテハなど多数存在します

生態

4 – 10月まで、2回発生する二化性です。

生息域

カナダ東部とアメリカ北東部、アメリカ南部などの主に北アメリカ大陸に生息しています。 

落葉樹林、常緑樹林などに生息しています。

北アメリカ大陸に生息しているチョウなんだね
イモチャン
日陰がある地域を好みます
シロヒトリ

成虫

アメリカアオイチモンジは日中に活動し、ユキヤナギ、イボタノキ、ガマズミ属の木などの小さな白い花から吸蜜します。

オスは湿った砂や水辺で生殖のために必須なミネラルを補うために吸水します。また、腐った果実、腐肉、糞などの汁も吸います。

オスは自分の領土を持ち、領土周辺を定期的にパトロールします。 メスは主に花の蜜を食べます。

翅を開張すると6 – 10cm前後になる、中型の蝶です。

オスはアブラムシがお尻から出す甘い汁「甘露」も食べます
シロヒトリ

幼虫

成熟した幼虫の体色は深い茶色がかったオリーブ色で、背側に中央部白い模様があります。疣足は褐色です。

頭部付近は白色で褐色の枝分かれした二対の角があります。

食草は広食性で多種多様な植物を食べます。主にヤマナラシ、ポプラ、ヤナギなどのヤナギ科の植物を食べます。

北部地域ではキハダカンバ、アメリカミズメなどのカバノキ科の植物を食べます。

南部地域ではブラックチェリーなどのバラ科の植物を食べます。 

全体的にゴツゴツとした見た目をしているよ!
イモチャン

成虫の見た目

アメリカアオイチモンジは2つの主要な亜種に分けられています

L a. arthemis(アルテミス)

L a. arthemis

arthemis」(アルテミス)と呼ばれるアメリカ北部の個体は、翅の表側と裏側の両方を横断する白い帯を持っています。

翅の表側の下地は黒色で、後翅には赤と青の小さな斑点があります。縁が白と青で構成されています。    

はっきりとした白い帯模様だね!
イモチャン
和名では「アメリカイチモンジ」と区別されています
シロヒトリ

L. a. astyanax(アステュアナクス)

L. a. astyanax
裏側

astyanax」(アステュアナクス)と呼ばれるアメリカ南部の個体は、アオジャコウアゲハに擬態して進化したので、白い帯模様がありません。

 翅の表側の下地は黒色で、前翅には赤と白の小さな斑点があります。後翅は青と黒のグラデーションになっています。縁が白と青で構成されています。

翅の裏側にはオレンジ色の斑点があります。    

黒と青のグラデーションがすごいきれいだね!
イモチャン
和名では「アメリカアオイチモンジ」と呼ばれています
シロヒトリ

アオジャコウアゲハに擬態する蝶

L a. arthemis」は、アメリカ北部に生息しています。一方、アオジャコウアゲハに擬態している「L. a. astyanaxはアメリカ南部に生息しています。 

擬態のモデルになっているアオジャコウアゲハ(学名:Battus philenor)は北アメリカ大陸南部に生息する、ジャコウアゲハの仲間です。アオジャコウアゲハは、日本のジャコウアゲハと同じようにウマノスズクサを食草としていて、体内に毒を蓄えています。

毒を持つ生物で警戒色によって周囲に危険を知らせるものがいますが、それらの生物とは違う種が同じ警戒色を用いて、捕食されないようにする擬態をベイツ型擬態といいます。

L. a. astyanaxの分布は、アオジャコウアゲハの分布とほぼ一致しているため、擬態としての機能を果たしています。

アオジャコウアゲハの分布から外れた、アメリカ北部の地域では擬態していない「L a. arthemis」が生息しています。  

 

このようにアメリカアオイチモンジは、擬態しているL. a. astyanaxと擬態しない「L a. arthemis」の2つの亜種がいます また、学者によってこの2つの亜種を別の種類とする場合があるようです。

雰囲気は似てるけど、見た目が違うから別の種類にされる場合があるんだね
イモチャン
「L. a. astyanax」はオスメスともに擬態しています
シロヒトリ

まとめ

L a. arthemis」の学名はギリシャ神話の月の女神、アルテミスから来ています。

L. a. astyanaxの学名はギリシャ神話のトロイアの王子ヘクトールとアンドロマケーの子、アステュアナクスから来ています。 

どちらもギリシャ神話に関わっている名です。

白い帯模様と青色がいいですね
シロヒトリ
次回はアオジャコウアゲハについて紹介するよ!
イモチャン

トラフタテハ

トラフタテハ

学名:Parthenos sylvia

]今回は極彩色の蝶、トラフタテハについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

トラフタテハはタテハチョウ科に属しており、その中のイチモンジチョウ亜科に分けられていてます。

イチモンジチョウ亜科のトラフタテハ属に分けられています。

イチモンジチョウ亜科の仲間にはアメリカアオイチモンジアオイチモンジなど多数存在します。

生態

季節を問わず、普通に見られる種です。

生息域

インド、スリランカ、バングラデシュ、アッサム、ボルネオ、カンボジア、スマトラ、ミャンマー、マラヤ、フィリピン、ニューギニアなど東南アジアに生息しています。

原生雨林、川岸などに生息しています。

東南アジアに生息しているチョウなんだね
イモチャン
標高約300mの間の地域で発見されています
シロヒトリ

成虫

トラフタテハは日中に活動し、ランタナなどの各種の花に集まり、吸蜜する。

また、オスは水辺で水を飲むことがあります。木のてっぺんや木の葉の周りに縄張りを持っています

飛翔は活発な蝶で高速に飛びます。何百匹もの蝶が川の端の数kmに沿って、木のてっぺんに舞い上がります。

翅を開張すると8 – 10cm前後になる。

トラフタテハは「clipper」と呼ばれますが、これは足が速い人という意味です
シロヒトリ

幼虫

幼虫の体色は茶色で、全身を黒い棘で武装しています。背中には白い斑点が多数あり、オレンジの縞模様をしています。

食草はアデニアなどのトケイソウ科、ティノスポラなどのツヅラフジ科の植物を食べる。

枝分かれした黒い棘が特徴的だよ!
イモチャン

成虫の見た目

トラフタテハ
色が落ち着いた個体

トラフタテハは何といってもその極彩色の翅に目が留まります。前翅は緑がかった黒地に白い斑点があります。

この白い斑点は実は半透明で透けています

後翅は青と緑がかった黒地の縞模様と線の模様が目立ちます。後翅の外側に向かって徐々にオレンジ色になっています。

芸術品みたいだね!
イモチャン
青・緑・オレンジのグラデーションが素晴らしいですね
シロヒトリ

多くの色彩

トラフタテハには多くの亜種が存在し、主に色が違います。その数は33種の記載された種があります。

一部をリストにすると次のようになります。

  • P. s. lilacinus (青色)
  • P. s. apicalis (緑色)
  • P. s. philippinensis (茶色)
  • P. s. salentia (赤色)

上記の画像の個体は青色が強いので「P. s. lilacinus」になります。

P. s. philippinensis(茶色)
茶色の個体もシックでおしゃれだね!
イモチャン
主な色が異なるだけで雰囲気が大きく様変わりする蝶です
シロヒトリ

まとめ

トラフタテハは表側が派手で特徴的ですが、裏側も特徴的です。表側が黒色の下地ですが、裏側は白色の下地と真逆の色をしています。

模様は裏表一緒ですが、下地の色は反転しているのが特徴です。

「P. s. lilacinus」が一番好きです
シロヒトリ
次回はツマジロスカシマダラについて紹介するよ!
イモチャン