タグ: タテハモドキ属

胡蝶の杜 > Blog >

アオタテハモドキ

アオタテハモドキ

学名:Junonia orithya

今回はブルーパンジー、アオタテハモドキについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

アオタテハモドキはタテハチョウに属しており、その中のタテハチョウ亜科に分けられていてます。

タテハチョウ亜科のタテハモドキ属に分けられています。

タテハモドキ属はナンベイタテハモドキルリボシタテハモドキなど多数存在します。

生態

1年を通じて数回発生を繰り返す多化性です。時期は3 – 11月ですが、1年中見られる地域もあります。

生息域

南アジア、東アジア、東南アジアなど主に東南アジアなどの広い範囲に生息しています。

また、アフリカではサブサハラアフリカの地域、オーストラリアなどにも生息しています。

日本では沖縄、八重島列島などの南西諸島に生息しています。九州などでも見られることがあるようですが、定着しているかは不明です。

草原、農地、沿岸、サバンナに生息しています。

主に東南アジアに生息しているチョウなんだね
イモチャン
開けた場所を好む蝶です
シロヒトリ

成虫

アオタテハモドキは日中に活動し、様々な花から吸蜜します。 オスは腐った果物の汁も吸います。

日光が当たる草原で飛んでいる蝶で、時々地面や草に止まり日光浴をします。自分の縄張りを持っていて、縄張りに入った他の蝶を追い払います。

翅を開張すると5 – 6cm前後になる、中型の蝶です。

飛翔は非常に速いです
シロヒトリ

幼虫

成熟した幼虫の体色は黒色で、黄色の斑点がありその斑点から枝分かれした黒い棘があります。疣足は黒色です。

頭部は黄色で、二対の黄色の角が生えています。

食草は広食性で様々な植物を食べます。主にキツネノマゴ科、オオバコ科、クマツヅラ科、ゴマノハグサ科、ベンケイソウ科の植物を食べます。

黒の体は少し光沢があるよ!
イモチャン

成虫の見た目

アオタテハモドキのオス

アオタテハモドキは後翅の青い模様と眼状紋が特徴的です。

翅の表側は茶色で、内側が黒色になっています。前翅の茶色の部分には2つの眼状紋があります。眼状紋は中心から青、黒、黄色になっています。黒色の部分の上部には赤と青の小さな縦模様があります。

日本などに生息している亜種「J. o. orithya」には赤と青の小さな縦模様が無い場合があります。

後翅は青色で外縁は茶色です。青色の部分には2つの眼状紋があります。外側の眼状紋は黒色で内側の眼状紋は赤色が特徴的です。

翅の裏側は表側と大きく異なります。色は翅全体がベージュ色になり、前翅にはオレンジ色の縦模様があります。前翅後翅ともに眼状紋があり、中心から青、黒、オレンジになっています。

 

上記の特徴は全てオスの特徴です。

メスは青色の部分が少なく、全体的に茶色が目立ちます。    

青と赤の模様がきれいだね!
イモチャン
英名では「blue pansy」(ブルーパンジー)と呼ばれています
シロヒトリ

タテハモドキ属の系統

タテハモドキ属の祖先はアフリカで生まれたと考えられています。

季節風などの風に乗ってアフリカからアジアに拡大し、その後アジアからオーストラリアや南アメリカなどに拡大した可能性があるといわれています。その流れで多くの種族に分かれたと考えられています。

実際にタテハモドキ属は草原などの開けた場所を好むため、風に流されやすい蝶です。

例えば、日本ではアオタテハモドキは南西諸島に生息していますが、迷蝶として東地方で発見されたことがあります。

 

 

このように、風などで飛ばされた地で環境に適していれば定着していったと考えられます。また、広食性であることも広い範囲に適応できる理由といえます。

森に生息していたら、木が風を防ぐから飛んでいかないよね
イモチャン
オオカバマダラのように計画的な渡りをする蝶ではありません
シロヒトリ

まとめ

タテハモドキ属はオスメスの識別が難しい蝶ですが、アオタテハモドキは比較的識別しやすい蝶です。

青色と眼状紋がいいですね
シロヒトリ
次回はタイスアゲハについて紹介するよ!
イモチャン

ナンベイタテハモドキ

ナンベイタテハモドキ

学名:Junonia evarete

今回はトロピカルな蝶、ナンベイタテハモドキについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

ナンベイタテハモドキはタテハチョウに属しており、その中のタテハチョウ亜科に分けられていてます。

タテハチョウ亜科のタテハモドキ属に分けられています。

タテハモドキ属はアメリカタテハモドキルリボシタテハモドキなど多数存在します。

生態

1年で3 – 4回発生する多化性です。

生息域

アメリカ合衆国ではニューメキシコ州南部、アリゾナ州南部、テキサス州南部、フロリダ州南部まで、メキシコ、カリブ諸島など主に中央アメリカに生息しています。

森林、熱帯雨林、草原などに生息しています。

主に中央アメリカに生息しているチョウなんだね
イモチャン
標高約0~2000mに生息しています
シロヒトリ

成虫

ナンベイタテハモドキは日中に活動し、様々な花から吸蜜します。

オスは一日中、植物または地面に止まり、メスを待っています。メスは植物の葉の下に卵を個別に産み付けます。

翅を開張すると4.5 – 6.5cm前後になる、中型の蝶です。

飛行は非常に速いです
シロヒトリ

幼虫

成熟した幼虫の黒色で、背面に二対の枝分かれした黒い棘が節ごとにあります。この棘の根元に青い斑点があります。

体の側面には二対の枝分かれした黒い棘があります。この棘の根元はオレンジ色です。

疣足はオレンジ色です。 頭部は黒色で短い黒い二対の角が生えています。

食草はGlandulariaなどのクマツヅラ科の植物を食べます。

メタリックな幼虫だよ!
イモチャン

成虫の見た目

ナンベイタテハモドキ

ナンベイタテハモドキは鮮やかなオレンジ色と眼状紋が特徴的です。

表側の翅の下地はこげ茶色で、翅の内側にオレンジ色の縦模様があり、オレンジ色の帯模様があります。外縁付近に小さい眼状紋と大きい眼状紋があります。両方の眼は中心から青、黒、黄で構成されています。

後翅は内側は青色で外縁に向かってオレンジの帯模様があります。中心が黒、黄、黒で構成される2つの眼状紋があります。前翅後翅ともに外縁は茶色のレース模様になっています。

翅の裏側は色が全体的に薄くなり、前翅には眼状紋がありますが、後翅にはありません

はっきりとしたオレンジ色と青色がきれいだね!
イモチャン
後翅の青色が黒い個体もいます
シロヒトリ

識別が難しい蝶

ナンベイタテハモドキは同じタテハモドキ属のカリブタテハモドキ(学名:Junonia genoveva)とよく混同されます。

蝶自体が過去の文献で誤認されている場合があり、また2種には亜種や季節的な形態が多く、識別や区別が難しいためです。また生息範囲も同じです。

区別の仕方は諸説ありますが、オスの触角先端の下側が濃い黒ならカリブタテハモドキ(Junonia genoveva)。

そこが白色か茶色などのグラデーションならナンベイタテハモドキ(Junonia evarete)となります。  

上記の画像の個体の触角の下側は分かりませんが、先端部分が茶色っぽいのでおそらくナンベイタテハモドキなのではないかと思います。

なので今回はナンベイタテハモドキとして紹介しました。

識別がすごい難しい蝶なんだね
イモチャン
タテハモドキ属は全体的に識別が難しいグループです
シロヒトリ

まとめ

ナンベイタテハモドキは英名では「Tropical buckeye」(トロピカルバックアイ)と呼ばれています。

また、カリブタテハモドキは「Mangrove buckeye」(マングローブバックアイ)と呼ばれています。

オレンジ色がいいですね
シロヒトリ
次回はウスイロトラフアゲハについて紹介するよ!
イモチャン

アメリカタテハモドキ

アメリカタテハモドキ

学名:Junonia coenia

今回は大小の目が印象的な蝶、アメリカタテハモドキについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

アメリカタテハモドキはタテハチョウに属しており、その中のタテハチョウ亜科に分けられていてます。

タテハチョウ亜科のタテハモドキ属に分けられています。

タテハモドキ属はハイイロタテハモドキルリボシタテハモドキなど多数存在します。

生態

1年に何回発生するかは不明です。

生息域

カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ、キューバなど主にアメリカ大陸に生息しています。

森林、川岸、砂丘、草原、牧草地など広い範囲に生息しています。

主にアメリカ大陸に生息しているチョウなんだね
イモチャン
標高約0〜1000mに生息しています
シロヒトリ

成虫

アメリカタテハモドキは日中に活動し、ランタナなどの花から吸蜜します。

アメリカタテハモドキは9 – 10月の寒冷前線の後、北または北西に向かう追い風とともに南に移動します

蝶は寒さに敏感で、極端な寒さを経験する北部地域で冬を過ごすことができません。春になると南から北方に移動します。

翅を開張すると5 – 6cm前後になる、小型の蝶です。

暖かい開けた場所でよく日光浴をします
シロヒトリ

幼虫

成熟した幼虫は複雑な模様をしています。主に体色は黒で、明るい色のライン(オレンジ、グレー、白、茶色)は個体によって異なります。側面には白い模様とオレンジの斑点があります。疣足は茶色です。

また、背中と側面に沿って棘があり、この棘は枝分かれしています。

頭部はオレンジ色で顔に黒の模様があり、黒色の二対の短い角があります。

食草はオオバコ、マツバウンランなどのオオバコ科の植物を食べます。

黒い棘は光沢のある青色に見えるときがあるよ!
イモチャン

成虫の見た目

アメリカタテハモドキ

アメリカタテハモドキは翅の眼状紋とオレンジ色が特徴的です。

翅の表側の前翅の下地は茶色で、翅の内側にオレンジ色の縦模様があり、白い帯模様があります。外縁付近に小さい眼状紋と大きい眼状紋があります。両方の眼は中心から青、黒、黄、黒で構成されています。

翅の表側の後翅の下地は茶色で、外縁に向かってオレンジの帯模様があります。中心が黒、青、オレンジ、黄、黒で構成される2つの眼状紋があります。

翅の裏側は色が全体的に薄くなり、前翅には眼状紋がありますが、後翅にはありません

オレンジ色が鮮やかだね!
イモチャン
眼状紋のグラデーションが美しいです
シロヒトリ

花と昆虫の関係

アメリカタテハモドキは初期の段階では、黄色と赤の花をほぼ均等に食べますが、時間が経つにつれて黄色の花にのみ集中して訪れます。

これは黄色の花の方が蜜が多いと学習するからです。

説明すると次のようになります。

ランタナなどの一部の花は時間が経つと色が変わります

これは花色を構成する複数の色素が時間が経つにつれて合成されていくので花の色が変わります。

花色の変化は昆虫に花の熟度を知らせるサインにもなります。ランタナは黄から赤に変わりますが、アメリカタテハモドキは蜜の多い黄色い花を選んで、蜜を吸いに行きます。

黄から赤色に変わったランタナは古い花で蜜を出さないので、学習した蝶は訪れません。

つまり、アメリカタテハモドキは花の色を学習して食料を効率的に食べて、花は昆虫を花粉媒介者として未受粉の花を集中的に巡回させます。花と昆虫で一種の相利関係が成立しています

参考文献:したたかな植物たち(著:多田多恵子)

若い成虫は黄色の花が蜜が多いって学習していないから、赤い花に訪れることがあるんだね
イモチャン
ランタナは色が次第に変化することから、和名ではシチヘンゲ(七変化)と呼ばれています
シロヒトリ

まとめ

タテハモドキ属の祖先はアフリカにまでさかのぼり、アフリカからアジアに拡大し、その後アメリカ大陸に渡って来たと考えられています。

複雑な模様と眼状紋が美しい蝶です
シロヒトリ
次回はトラフアゲハについて紹介するよ!
イモチャン

ルリボシタテハモドキ

ルリボシタテハモドキ

学名:Junonia hierta

今回は翅に夜空を映した蝶、ルリボシタテハモドキについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

ルリボシタテハモドキはタテハチョウ科に属しており、その中のタテハチョウ亜科に分けられていてます。

タテハチョウ亜科のタテハモドキ属に分けられています。

タテハモドキ属はアメリカタテハモドキナンベイタテハモドキなど多数存在します。

生態

地域によって、発生数は異なります。季節変動を受けやすく、雨季や乾季に発生します。

生息域

アフリカ、インドシナ半島、フィリピン、ボルネオ島、インドネシア、中国の南西部・南部など主にアフリカと東南アジアに生息しています。

森林の開拓地、草原、庭園、公園、牧草地に生息しています。

アフリカと東南アジアに生息しているチョウなんだね
イモチャン
標高約0〜1000mの地域で発見されています
シロヒトリ

成虫

ルリボシタテハモドキは日中に活動し、各種の花に集まり、吸蜜します。

翅を開張すると4 – 6cm前後になります。

低空飛行であり、牧草地や地上で日光浴を長時間行います。

森林地帯より草原などの開けた場所を好みます
シロヒトリ

幼虫

幼虫は体色が黒色で、節ごとに短い黒い棘があります。白と青の小さな斑点が全身にあります。

頭部は黒色で、首の周りはオレンジ色です。

食草はプセンドランセマムなどのキツネノマゴ科の植物を食べます。

角は枝分かれしているよ!
イモチャン

成虫の見た目

ルリボシタテハモドキ

ルリボシタテハモドキは星のように見える、黄色の大きな斑点が特徴的です。

翅の下地は黒色で前翅の内側には黄色の大きな斑点があります。 前翅の外縁には黄色の小さな斑点とオレンジの斑点があります。

後翅の内側には青色の大きな斑点があります。 後翅の外側は黄色の大きな斑点があります。

画像の個体はオスで、メスには青と黒の目玉模様があります。

黄色と青の発色がいいね!
イモチャン
夜空のような色合いがきれいです
シロヒトリ

イエローパンジー

ルリボシタテハモドキは通称「yellow pansy」(イエローパンジー)と呼ばれています。

実際にパンジーと比較してみると次のようになります。

イエローパンジー
ルリボシタテハモドキ
似てる
イモチャン
色合いが完全に一致してますね
シロヒトリ

まとめ

タテハモドキ属は鮮やかな模様と小さな目玉模様が特徴的な蝶です。

ルリボシタテハモドキはオスには目玉模様がありませんが、メスには目玉模様があります。

星のような黄色が好きです
シロヒトリ
次回はコノハチョウについて紹介するよ!
イモチャン

ハイイロタテハモドキ

ハイイロタテハモドキ

学名:Junonia atlites

今回は灰色のパンジー、ハイイロタテハモドキについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

ハイイロタテハモドキはタテハチョウ科に属しており、その中のタテハチョウ亜科に分けられていてます。

タテハチョウ亜科のタテハモドキ属に分けられています。

タテハモドキ属の仲間にはアオタテハモドキルリボシタテハモドキなど多数存在します

生態

地域によって、発生数は異なります。季節変動を受けやすく、雨季や乾季に発生します。

生息域

インド、中国南部、カンボジア、インドシナ、マレー半島、インドネシア中西部、フィリピンなど南アジアに生息しています。

森林の開拓地、川岸、道端、農地の辺縁部などに生息しています。

南アジアに生息しているチョウなんだね
イモチャン
標高約200〜1000mの地域で発見されています
シロヒトリ

成虫

ハイイロタテハモドキは日中に活動し、各種の花に集まり、吸蜜する。また、水辺で水を飲むことがあります。

低空飛行であり、牧草地や地上で日光浴を長時間行います。

オスは仲間を探すために茂みにとまることを好みます。メスは水田の近くで、卵を産む植物を探してより多く見られます。  

翅を開張すると5 – 6cm前後になる。

丘よりも平地を好みます
シロヒトリ

幼虫

幼虫の体色は黒色で、全身を黒い棘で武装しています。頭部は茶色で疣足も茶色です。

食草はヒガンバナ科、イネ科の植物を食べる。

頭部だけ棘がないよ!
イモチャン

成虫の見た目

ハイイロタテハモドキ

タテハモドキ属目玉模様ととがった翅の形が特徴です。

翅の下地は灰色です。前翅は黒の縞模様が後翅より大きいです。また、縁も前翅の方が黒い。後翅は前翅より黒い縞模様が控えめです。

前翅後翅、両方に目玉模様が縦に並んでいます。オレンジ色の目玉模様と白黒の目玉模様が交互に並んでいます。

メスは全体的に黄土色を帯びています。

目玉模様がきれいだね!
イモチャン
オレンジ色の目玉模様が特にいいですね
シロヒトリ

タテハモドキ属とは

タテハモドキ属は上記のような模様から、バックアイパンジー、またはコモドールと呼ばれています。

この属は、南極大陸を除くすべての大陸に生息しています。およそ30〜35種の記載された種があります。

例えば、ハイイロタテハモドキは英語名では「grey pansy」(グレーパンジー)と呼ばれています。

アオタテハモドキはブルーパンジー、ルリボシタテハモドキはイエローパンジーなどと呼ばれています。

これはスミレ科のパンジーの色合いや模様と似ているから名づけられたのでしょう。

パンジーって名前の響きが可愛いよね
イモチャン
ほかにも、チョコレートパンジーやレモンパンジーなどがいます
シロヒトリ

まとめ

タテハモドキ属の裏側の模様は表側の模様とまったく違う場合があります。

しかし、ハイイロタテハモドキの翅の裏側は模様が少なく表側の目玉模様が透けて見えるだけで、表裏側でそんなに違いはありません。

灰色とオレンジ色の目玉模様がお気に入りです
シロヒトリ
次回はトラフタテハについて紹介するよ!
イモチャン