タグ: カバタテハ亜科

胡蝶の杜 > Blog >

シレネウズマキタテハ

シレネウズマキタテハ

学名:Callicore pygas

今回は金属光沢が美しい蝶、シレネウズマキタテハについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

シレネウズマキタテハはタテハチョウに属しており、その中のカバタテハ亜科に分けられていてます。

カバタテハ亜科のウズマキタテハ属に分けられています。

カバタテハ亜科はマルバネカスリタテハルリツヤタテハなど多数存在します。

生態

1年を通じて数回発生を繰り返す多化性です。

生息域

ベネズエラ、ガイアナ、エクアドル、ペルー、ボリビア、パラグアイ、ブラジル、エクアドル、アマゾン地域などの主に中南米に生息しています。

熱帯雨林に生息しています。

主に中南米に生息しているチョウなんだね
イモチャン
標高約200~1000mに生息しています
シロヒトリ

成虫

シレネウズマキタテハは日中に活動しますが、何を食べているかは不明です。 

しかし、オスは砂州などに訪れ、固まった溶岩から生殖に必要なミネラルを吸収していることは確認されています。

固まった溶岩にはミネラル分が多く含まれています。

翅を開張すると4 – 5cm前後になる、小型の蝶です。

飛翔は非常に速いです
シロヒトリ

幼虫

成熟した幼虫の体色は透明な緑色で、側面に小さな白い斑点が散りばめられています。疣足は黄色です。尾部には二対の黄色の尾があります

頭部は黄色で、二対の黒色の長い角が生えています。

食草はセルジャニア、アロフィラスなどのムクロジ科の植物を食べます。

角は枝分かれしていて、黒色に黄色が混じっているよ!
イモチャン

成虫の見た目

シレネウズマキタテハ

シレネウズマキタテハは翅の裏側の青い金属光沢の模様が特徴的です。

翅の表側は黒色または褐色になっています。前翅の内側の部分は赤色で翅を広げると模様が扇状にみえます。翅の縁付近に白の小さな斑点があります。

後翅は赤色が無く、縁に青い金属光沢のある細長の斑点が3つ並んでいます。

 

シレネウズマキタテハの翅の裏側は表側と大きく異なります

翅の裏側の前翅は黒色で内側の部分に赤色があります。表側にあった白の小さな斑点は黄色になり縁に水色が入ります。表側の模様に黄色と水色を足したような見た目です。

後翅には同心円状の黒と黄色の線に囲まれた青い金属光沢の斑点があります。また縁側の黒線の中央にも青い金属光沢のある線があります。内側には赤い斑点が2つあります。

黄と黒の翅にきらきらとした模様がきれいだね!
イモチャン
模様は亜種ごとに色が異なります
シロヒトリ

ウズマキタテハ属と人間との関係

ウズマキタテハ属は美しい色合いと金属光沢を持つ蝶達です。また、翅の模様が世界で最も人気のあるチョウの1つであるミイロタテハに似ています。

そのため、人気があり、装飾品やジュエリーまたは土産物などのために翅が使用されています。

人気のある蝶ですがその生活史ははっきりと解明されていません

研究が進んでいないのはアマゾン地域などの熱帯雨林に生息しているため、見つけづらいのもあるからでしょう。

チョウそのものの姿が美しいよね
イモチャン
チョウやガの美麗種は標本として人気があります
シロヒトリ

まとめ

中南米などの熱帯雨林に生息しているチョウは美しい色や金属光沢を持つことが多いです。

たとえば、モルフォチョウ属は翅に金属光沢があります、

金属光沢の斑点と線が美しいです
シロヒトリ
次回はキベリタテハについて紹介するよ!
イモチャン

マルバネカスリタテハ

マルバネカスリタテハ

学名:Hamadryas laodamia

今回は翅に星空を映した蝶、マルバネカスリタテハについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

マルバネカスリタテハはタテハチョウに属しており、その中のカバタテハ亜科に分けられていてます。

カバタテハ亜科のカスリタテハ属に分けられています。

カスリタテハ属はコケイロカスリタテハ・アリシアカスリタテハなど多数存在します。

生態

1年を通じて何回発生するかは不明です。

生息域

カリブ海地域、中央アメリカ、熱帯南アメリカなどの主に中央アメリカに生息しています。 

熱帯雨林などに生息しています。

主に中央アメリカに生息しているチョウなんだね
イモチャン
標高約0~900mに生息しています
シロヒトリ

成虫

マルバネカスリタテハは日中に活動し、花の代わりに腐った果物のジュースを吸います。

地上10m以上の高さの木の幹に止まり、頭を下向きにして、翅を開いた状態でよく見られます。オスはこの位置で長時間、メスを待ちます。

木の幹から離れて見られることはめったにありませんが、時々地面に降りて、ミネラルを補うために湿った地面などから水分を吸収します。

翅を開張すると6 – 7cm前後になる、小型の蝶です。

人間の汗に引き付けられることがあるようです
シロヒトリ

幼虫

成熟した幼虫の体色は褐色で、背側に黄緑色のラインが走っています。この黄緑色のラインの中央に黒のラインがあります。側面に沿って白いラインがあります。体の節ごとに枝分かれした黄緑色の棘が生えています。

頭部はオレンジ色で濃い緑色の二対の長い角があります。 疣足は褐色です。 

食草は「Dalechampia triphylla」の葉などのトウダイグサの植物を食べます。

]黄緑色が目を引くよ!
イモチャン

成虫の見た目

マルバネカスリタテハのオス

マルバネカスリタテハは翅の星空のような模様が特徴的です。

翅の表側は黒色で青色の光沢があり、水色の小さな斑点が散りばめられています。

翅の裏側は表側と大きく異なります。翅の裏側はこげ茶色で青色の光沢はありません。後翅には縁に小さな赤い斑点が並んでいます。

上記の特徴は全てオスの特徴です。

メスは上記の特徴と前翅に翅の表側と裏側の両方を横断する白い帯模様があります。    

水色の斑点が星みたいできれいだね!
イモチャン
英名では「starry night cracker」(星空クラッカー)と呼ばれています
シロヒトリ

防御のための警戒色

マルバネカスリタテハは美しい色・模様をしています。これは毒を持つことを示す警戒色です。

マルバネカスリタテハの幼虫はトウダイグサ科の葉から不快な有毒化学物質を蓄えていて、捕食者は鮮やかな色の蝶を避けるようになります。

捕食者はジャカマールなどの小型から中型の鳥です。

チョウやガは植物の葉から毒を取り込んでいるからすごいよね
イモチャン
トウダイグサ科のマンチニールという植物は、ギネス世界記録で世界一危険な樹と記録されています
シロヒトリ

まとめ

マルバネカスリタテハは木の幹で大半を過ごしているため、非常に見つけづらい蝶です。

また、警戒心が強いため、写真を撮ることや採集することが難しいとされています。

星空模様が美しいです
シロヒトリ
次回はエラートドクチョウについて紹介するよ!
イモチャン

ルリツヤタテハ

ルリツヤタテハ

学名:Myscelia ethusa

今回は瑠璃色の縞模様、ルリツヤタテハについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

ルリツヤタテハはタテハチョウに属しており、その中のカバタテハ亜科に分けられていてます。

カバタテハ亜科のルリツヤタテハ属に分けられています。

ルリツヤタテハ属はアカモンルリツヤタテハ・シロモンルリツヤタテハなど多数存在します。

生態

1年に発生を繰り返す、多化性です。

生息域

コロンビア北部から中央アメリカを経てメキシコまでの主に中央アメリカに生息しています。アメリカのテキサス州のリオ・グランデ川でも見られます。

森林、熱帯雨林、谷などに生息しています。

主に中央アメリカに生息しているチョウなんだね
イモチャン
中央アメリカでもメキシコ付近に生息しています
シロヒトリ

成虫

ルリツヤタテハは日中に活動し、腐った果物の汁を吸います。

翅を開張すると6 – 7cm前後になる、中型の蝶です。

毎年多くの世代が発生します
シロヒトリ

幼虫

成熟した幼虫の体色は緑色で、体中に小さな白い斑点があります。背中に枝分かれした黒い棘が生えていて、 棘の根元に黄色の斑点があります。

頭部は黒色で、二対の枝分かれした大きな黒い角があります。

食草はトウダイグサなどのトウダイグサの植物を食べます。

体が少し透けているよ!
イモチャン

成虫の見た目

ルリツヤタテハ
色が濃い個体

ルリツヤタテハは美しい瑠璃色の縞模様が特徴的です。瑠璃色には個体差があり、薄い個体と濃い個体があります。

表側の翅の下地は黒色で瑠璃色の縞模様があり、前翅の先端部には白い斑点があります。翅の外縁は他のタテハチョウ科と同様に小さな凹凸があります。 

翅の裏側の模様は表側と大きく異なります。

翅の裏側は樹皮や木の幹にそっくりで、翅を閉じると樹皮や木の幹にカモフラージュします。

瑠璃色のグラデーションがきれいだね!
イモチャン
どちらの個体もいい色です
シロヒトリ

ルリツヤタテハ属とは

ルリツヤタテハ属の蝶は、アメリカ南部から南アメリカにかけて生息しており、約10種類ほどが確認されています。

属名の「Myscelia」(ミッセリア)はスロバキア語です。残念ながら、日本語に翻訳しても言葉の意味は分かりませんでした。

スロバキアは中央ヨーロッパの共和制国家です。首都はブラチスラヴァで、北西にチェコ、北にポーランド、東にウクライナ、南にハンガリー、南西にオーストリアと隣接している国です。

属名を名付けた人物はEdward Doubleday(エドワード・ダブルデイ)といい、主に鱗翅目に興味を持っていたヨーロッパの昆虫学者です。

 

 

小種名の「ethusa」(エトゥサ)はマラヤーナム語です。こちらも残念ながら、日本語に翻訳しても言葉の意味は分かりませんでした。

マラヤーナム語は南インドのケーララ州などで話される言語です。

小種名を名付けた人物はLouis Michel François Doyère(ルイ・ミシェル・フランソワ・ドイエール)といい、フランスの動物学者および農学者でした。

 

生息地がアメリカ南部から南アメリカの森林や谷に限定されているせいか、ルリツヤタテハやその属の仲間の情報が非常に少なく謎の多い蝶です。

どれも生息地のアメリカと関係のない言語だね
イモチャン
言い方は悪いですが、どちらもマイナーな言語だったので言葉の意味が分からなかったのが残念です
シロヒトリ

まとめ

ルリツヤタテハは英名では「Mexican bluewing」(メキシコの青い翼)または「blue wing」(青い翼)といいます。

瑠璃色の縞模様が美しいですね
シロヒトリ
次回はベニスズメについて紹介するよ!
イモチャン

コケイロカスリタテハ

コケイロカスリタテハ

学名:Hamadryas feronia

今回は音を出す蝶、コケイロカスリタテハについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

コケイロカスリタテハはタテハチョウ科に属しており、その中のカバタテハ亜科に分けられていてます。

カバタテハ亜科のカスリタテハ属に分けられています。

カバタテハ亜科はウラモジタテハマルバネカスリタテハなど多数存在します

生態

6 – 9月までが最も見られる時期です。

生息域

ブラジル、パラグアイ、ペルー、メキシコ、ホンジュラス、ベネズエラ、コロンビア、トリニダードなどの中央・南アメリカに生息しています。

熱帯雨林や落葉樹林に生息しています。

中央・南アメリカに生息しているチョウなんだね
イモチャン
約0〜1400mの標高に生息しています
シロヒトリ

成虫

コケイロカスリタテハは日中に活動し、腐った果物の汁を吸います

翅を開張すると6 – 7cm前後になります。 

木の幹で日光浴し、羽を樹皮に対して平らにして下向きの姿勢をとるのが特徴的です。

コケイロカスリタテハの翅の色は樹皮にカモフラージュしています。

ほとんどの時間を木の幹で過ごします
シロヒトリ

幼虫

幼虫の体色は黒色で、木の表面に似た、ひび割れた模様が特徴です。

白い点と赤みがかった横線があり、黒い棘が節ごとにあります。頭部は黒色です。

食草はブドウなどのトウダイグサ科の植物を食べます。

背中と体の横側から棘が生えているよ!
イモチャン

成虫の見た目

コケイロカスリタテハ

コケイロカスリタテハはモザイクのような模様が特徴的な蝶です。 

表側の前翅は、白、黒色、青色のモザイクパターンで、小さな目玉の列が外縁と平行になっています。前翅だけに赤い横線があります。

後翅は黒色、青色のモザイクパターンで、大きな目玉の列が外縁と平行になっています。前翅と比べると白い斑点は少なめです。

青と黒のモザイクパターンがきれいだね!
イモチャン
工芸品のような美しい蝶です
シロヒトリ

音を出す蝶

コケイロカスリタテハなどのカスリタテハ属の蝶は、チョウ目昆虫の中では珍しく、音を出す蝶です。

音は蝶が飛ぶときに発生し、腹部の先端にあるとげのある棒によって生成されます。オスだけが音を出すことができますが、メスにも棒があるようです。

蝶が近づくと、オスが飛び出し、近づいた蝶がオスの場合、応答して音を出しますが、メスの場合は沈黙します。

 

音を出す目的はよくわかっていませんが、おそらくは競合するオスが同じ領域を占領するのを阻止するか、求愛中にメスからの最初の反応を開始する引き金となる可能性があります。

具体的にどんな音なの?
イモチャン
フライパンでベーコンを焼いた時のような、パチパチ音です
シロヒトリ

まとめ

カスリタテハ属はパチパチといった特徴的な音を出すことから、通称「cracker」(クラッカー)と呼ばれています。

コケイロカスリタテハは「blue cracker」と呼ばれています。

青と黒のモザイクパターンが好きです
シロヒトリ
次回はシロオビドクチョウについて紹介するよ!
イモチャン

ウラモジタテハ

ウラモジタテハ

学名:Diaethria neglecta

今回は翅に数字を持つ蝶、ウラモジタテハについて紹介していきます
シロヒトリ

分類

ウラモジタテハはタテハチョウ科に属しており、その中のカバタテハ亜科に分けられていてます。

カバタテハ亜科のウラモジタテハ属に分けられています。

カバタテハ亜科はルリツヤタテハシレネウズマキタテハなど多数存在します

生態

季節を問わず、普通に見られる種です。

生息域

ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、アマゾンなどの中央・南アメリカに生息しています。

熱帯雨林や雲霧林に生息しています。

中央・南アメリカに生息しているチョウなんだね
イモチャン
約200〜1700mの標高に生息しています
シロヒトリ

成虫

ウラモジタテハは日中に活動し、腐った果物の汁を吸います

翅を開張すると3 – 4cm前後になります。

オスは尿で汚染された地面に強く引き付けられ、湿った土壌、路面、岩盤から溶けたミネラルを吸水します。

また、非常に活発な蝶であり、1箇所に数秒以上定着することはめったにありませんが、同じ地面に繰り返し戻ります。

木や茂みの葉の上で日光浴をします
シロヒトリ

幼虫

幼虫の体色は緑色で、頭には非常に長い黒と白の棘が2つあります。頭はオレンジ色です。

食草はトレマなどのカンナ科の植物を食べます。

幼虫を刺激した場合、捕食者を追い払うために頭を左右に振ります。

棘の長さは体の半分以上もあるよ!
イモチャン

成虫の見た目

ウラモジタテハ
数字の「89」に見える

ウラモジタテハの表側と裏側の模様は大きく違います。

表側は翅の下地は黒で薄い水色の蛍光色のような帯があります。

裏側は前翅は内側は赤色で黒い縁取りがあり、白色が混じります。

後翅は内側に赤色が少しあり、同心円状の黒と白の線で囲まれた数字の「89」に見える模様が特徴的です。

ほんとだ「89」に見えるね!
イモチャン
表側と裏側で全く雰囲気の違う不思議な蝶です
シロヒトリ

ウラモジタテハ属とは

ウラモジタテハ属は上記の画像のような、翅の裏側に「88」や「89」の模様を持っているのが特徴です。英語名で呼ばれる場合、種小名のあとに88と付けられることがあります。

リストにすると次のようになります。

  • Diaethria anna Anna’s eighty-eight」(アンナの88)
  • Diaethria astala navy eighty-eight」(ネイビーの88)
  • Diaethria eluina eluina eighty-eight」(エレニアの88)
  • Diadria candrena candrena eighty-eight or number eighty」(カンドレナの88、番号80)
名前の後に「eighty-eight」(88)って付いてるね
イモチャン
ちなみに和名のウラモジタテハは「裏文字」から来ています
シロヒトリ

まとめ

ウラモジタテハは表側と裏側で模様が全く違います。数字のような模様を持っているとてもユニークな蝶です。

また、似たような模様が多いので、判別が難しい蝶です。

上記の画像ももしかしたら、Diaethria neglectaではなく、別のDiaethria annaとかかもしれません。

数字の「89」の模様が可愛いです
シロヒトリ
次回はアキレスモルフォについて紹介するよ!
イモチャン